各種事業の実施内容や行事のお知らせ等を掲載しています。




 2018/02/06更新
 平成29年度連携事業セミナー「親なきあと」の自立のために「親あるあいだ」を開催しました(連携事業)

実施日: 平成30年1月30日(火)10時〜12時30分
参加人数: 32名
セミナー内容:今年度は、ご家族を対象としたセミナーを実施しました。障害のあるご本人を見守り支えるご家族が元気な今、なぜ「親なきあと」について考える必要があるのか、またどのようなことから準備をしていくと良いのかを渡部行政書士事務所/『親なきあと』相談室主宰の渡部伸先生にご講演いただきました。
今回の参加者はご家族の方が多かったということもあり、障害のあるわが子に対し、どのような準備があるのか、どのような制度があるのかについてとても熱心に耳を傾けていらっしゃったのが印象的でした。
渡部先生からは、制度について事例を交えながら分かりやすく、丁寧にご説明いただきました。


実践の様子:「親心の記録(R)」()を使用し、実際に書き込む時間を設けました。実際に書き込んでいただきながら、情報を整理していただいたり、改めて今の状況を振り返っていただく良いきっかけとなりました。
※「親心の記録(R)」とは
障害のある子をもつ親たちが、「親なきあと」子どもを支援してくれる方々に子どものことを知ってもらい、子どもが安心して人生を全うできることを目的として作られた冊子です。





 2018/02/01更新
 たまり場事業「にこカフェ」新年会を開催しました就労支援/雇用促進事業

実施日: 平成30年1月26日(金) 
参加人数: 41名
内容:今年も新春恒例の「にこカフェ」新年会を行いました。定番となった「事業団オリジナルすごろく」で大いに盛り上がり、ビンゴでは今年初めて参加された方が1位になり大興奮されておりました。ビンゴで賞品をゲットした方も、ゲットできなかった方も、そして職員も笑顔で解散いたしました。


ゲームを楽しむ参加者の様子



 2018/01/10更新
 平成29年度「障害者のための就職準備フェア」開催・参加報告就労支援/雇用促進事業

実施日: 平成29年12月11日(月) 
参加人数: 24名(中野区)
開催報告:障害者の雇用促進を目的に、ハローワーク新宿、東京障害者職業センター、新宿区、杉並区、中野区の就労支援機関が共同で、障害者の就職意欲を向上させるための啓発セミナー等を実施しました。今年度は中野区(当事業団)が幹事区を担当させていただきました。
参加報告:
毎年恒例の「障害者のための就職準備フェア」は大盛況のうちに終了いたしました。セミナーでは、東京障害者職業センターのカウンセラーから、『就職活動に必要なこと』の講演がありました。また、企業担当者様からは採用選考のポイントなど、普段では聞くことのできない”企業の本音”を伺うことができました。実際に就職した障害のある方からは、就職活動や就職後の率直な体験談もあり、とても充実した内容でした。参加された皆様からは「就職に役立った」「頑張る気持ちになった」など、大評でした。


各講師によるセミナーの様子




 2017/12/27更新
 特別支援学校・障害者就労施設等連携事業セミナー開催あんない就労支援/雇用促進事業


  
クリックいただくと、セミナーチラシ・申込用紙をご覧いただけます(PDF)

開催日時: 平成30年1月30日(火) 10:00〜12:30 
会場: 中野区産業振興センター 3階 大会議室(中野区中野2−13−14)
テーマ : 「親なきあと」の自立のために 「親あるあいだ」の準備 〜親なきあとを地域で支える〜
講師: 渡部 伸 先生(渡部行政書士事務所/「親なきあと」相談室室長)
参加費: 無料
お申込み方法: 平成30年1月11日(木)までに、お電話・FAXにてお申込み下さい。(詳細はチラシをご覧ください。)
内容案内:
特別支援学校や就労継続支援B型事業所へ訪問させていただく中で、「親なきあとのことを考えないといけないが、どこから考えたらいいのか」「まだ、元気なうちは家族で支えたい」とのような声を耳にすることが多くありました。
そのようなご相談に対する解決の糸口になるように、今回の連携事業セミナーは、ご家族と一緒に「今からできること」について考えていきたいと思います。
対象者と表記させていただいておりますが、中野区内にお住まいで障害のある方のご家族や障害のある方とかかわりのある方(事業所の職員の方)等幅広く受講していただければと思っております。
ふるってご参加ください。




 2017/12/21更新
 たまり場事業「にこカフェ」ミニ研修を実施しました就労支援/雇用促進事業

実施日: 11月24日(金) 
参加人数: 40名
11月も「にこカフェ」にてミニ研修を実施しました。今年度最後の研修テーマ『仕事の完成度』について担当メンバーからプレゼンテーションを行いました。『仕事の完成度を上げるために大事な4つのトピックス』@ほうれんそう(報告・連絡・相談)A失敗を成功へ導こうB時間管理C責任感、難しいテーマでしたが、普段の勤務から意識しているのか、たくさんのトピックスが挙がりました。その実体験を具体例に模造紙にまとめ、メンバー全員で発表をしました。自分たちで考え、まとめる力がついているメンバーに驚きと安心感を持った今年度の研修でした。


担当メンバーによる発表の様子



 2017/12/11更新
 たまり場事業「にこカフェ」ミニ研修を実施しました就労支援/雇用促進事業

実施日: 10月27日(金) 
参加人数: 40名
先月に続き、10月の「にこカフェ」でもミニ研修を実施しました。今回『会社で働くマナー』について、グループで話し合い、全員で発表を行いました。話し合いを進めるうちに、「相手に迷惑をかけない」など、日常生活で気をつけることなどと共通したマナーがあることに気付きました。『会社で働くマナー』だけでなく、会社以外の日常生活の中でも意識することが大事だと、参加者みんなで学びあいました。


参加者による発表の様子



 2017/12/06更新
 たまり場事業「にこカフェ」スポーツ大会を開催しました就労支援/雇用促進事業

実施日: 11月18日(土) 
参加人数: 34名
今年も毎年恒例の「にこカフェ」スポーツ大会を開催しました。今年度初めて参加された方も多くいらっしゃり、職場等でお会いする時とは違う一面を拝見することが出来ました。今年度も帝京平成大学にご協力いただき、大学の体育館をお借りすることが出来ました。また、学生さんがボランティアとして参加して下さいました。帝京平成大学の皆様、ご協力ありがとうございました。


チームに分かれてのバスケットボール試合の様子



 2017/12/06更新
 平成29年度第5回「中野区役所庁舎内実習」を開催しました就労支援/雇用促進事業

実施日: 11月7日(火)〜9日(木) 
参加人数: 3名
第5回「区役所庁舎内体験実習」を行いました。今回は、普段、就労移行支援事業所や就労継続B型事業所に通所されている方が参加されました。チームで協力して作業することで緊張がほぐれ、和やかな雰囲気になりました。最終日には、「目標が達成できました」と笑顔で話す姿が印象的でした。



 2017/11/09更新
 10月28日(土)29日(日)「東北復興大祭典なかの」に出店しました!

実施日: 10月28日(土)・29日(日) 
参加団体等: 
 福祉団体連合会
(パネル展示)
 
あとりえふぁんとむ(物品販売:キーホルダー(南三陸産とコラボ)・革製品・焼菓子)
 
身体障害者福祉協会(物品販売:布雑貨等)
 
すばるカンパニー(物品販売:三陸産わかめ・とろろ昆布・ふのり・クッキー)
 肢体不自由児者父母の会(販売応援)
 
コロニー中野(販売応援)
 
中野区障害者福祉事業団(被災各地の物産・仙台市障害者施設の野菜・まゆ玉販売)

区内障害者施設・障害者団体等の皆さんと、区民の皆さんとの「ふれあい事業」として、「2017東北復興大祭典なかの」に「障害者ふれあい商店」として出店参加しました。
物品販売では、被災地支援としての被災地物産販売をはじめ、施設・団体が製作した自主製品の販売もさせていただき、お立寄りいただいた方々に大変好評をいただきました。
啓発活動としては、パネル展示に加え、キリンビバレッジ株式会社首都圏地区本部様にご協力いただき、飲料と区内障害者施設・団体のパンフレットをセットにして配布しました。
二日目はあいにくの雨でしたが、区民の皆様とのふれあいを感じることができた、貴重な機会となりました。






 2017/11/02更新
 平成29年度第4回「中野区役所庁舎内実習」を開催しました就労支援/雇用促進事業

実施日: 10月11日〜13日 
参加人数: 3名
区役所実習というと、シーンと静まり返った雰囲気の中で、黙々と仕事をする姿を連想するかもしれません。実際は、実習生同士が仕事の進め方を話し合いながら行います。実習初日は、緊張からぎこちない動きでしたが、2日目からは、緊張もほぐれ、コミュニケーションは円滑になり、どうしたら効率的にできるかを具体的に話し合い、短時間にチームワークが出来上がった実習でした。




 2017/10/24更新
 たまり場事業「にこカフェ」ミニ研修を開催しました就労支援/雇用促進事業

実施日: 9月29日(金)18時〜20時 
ミニ研修テーマ「健康管理」
参加人数: 44名
長く働き続けるために必要な「健康管理」について、担当の「健康管理」チームで話し合い、メンバー全員で発表しました。また、クイズ形式で問題を出すなど、全体を巻き込んで盛り上がりました。

 
左:打合せの様子 右:発表の様子



 2017/10/16更新
 10月28日(土)29日(日)「東北復興大祭典なかの」に出店します!(⇒終了しました)

  詳細はこちらをご覧ください
    ↓
  




 2017/10/05更新
 「第42回野方地区まつり」に出店します!(福祉売店⇒終了しました

被災地復興支援の一環で、宮城県の物産品を販お越しの際は、是非お立寄り下さい!


平成29年10月21日(土)10時〜16時
平成29年10月22日(日)10時〜15時


21日(土) 野方駅南口広場 
雨天時は野方WIZ区民活動センター3F洋室A
22日(日) 野方WIZ区民活動センター3F洋室A
(住所:中野区野方五丁目3番1号)

牛タンカレー・牛タンシチュー・伊達の旨塩・缶詰ぶり大根・コラーゲン入りふかひれスープ・まんじゅう麩など


 


 2017/10/05更新
 平成29年度第3回「中野区役所庁舎内実習」を実施しました就労支援/雇用促進事業

実施日: 平成29年9月12日(火)〜 平成29年9月14日(木)
参加人数: 3名
今回3回目となった区役所実習には、就労移行支援事業所と就労継続B型事業所から、それぞれの目標をもって3名の方が実習に臨まれました。
実習の最終日、参加者から「あと一週間このメンバーで実習をやりたい。」という言葉が聞かれました。初対面の3名でしたが、初日からお互いを思いやる様子や声かけがあり、終始和やかな雰囲気での実習となりました。その結果、チームワークが自然と取れ、このような感想が出たのではないかと思います。担当した我々としても、とてもうれしい実習となりました。





 2017/10/05更新
 丸井グループ「インクルージョンフェス」に参加しました!ワーカライズニコ福祉売店

「福祉売店」での訓練の一環として、8月9日に開催された『丸井グループ インクルージョンフェス』に出店参加しました。福祉売店で販売している東北大震災被災地(宮城県)物産を販売させていただきました。
「ワーカライズニコ」からは午前と午後に分かれて8名(うち実習生1名)が参加しました。
いつもとは違う環境の中で、緊張感を持って働くということ、お金のやり取りをすること、商品をお客様に渡すことを実感できるとても良い機会でした。
「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」などの挨拶も、最初はなかなか出なかった声が、だんだんと積極的な声掛けに変わり、訓練生も手ごたえを感じながら「働く」を経験できた機会となりました。


 



 2017/10/05更新
 平成29年度「働く障害者の勤続表彰式」を開催しました!(就労支援/雇用促進事業

7月2日(土)、なかの芸能小劇場において「働く障害者の勤続表彰式」を開催しました。今回の受賞対象者は64名、うち35名の方が出席されました。
これまで表彰区分を精励勤続表彰(勤続1年から5年未満)優良勤続表彰(勤続5年から10年未満)優秀勤続表彰(10年)の3区分としておりましたが、今回新たに勤続20年以上の方を対象に特別勤続表彰という区分を増やし、今回は勤続22年の方1名が対象となりました。
優秀勤続表彰の方の中には、学生時代に事業団での実習を経験され就職をされた方もいらっしゃり、賞状授与式では学生であった頃のご本人を思い出し、立派な社会人になられたなぁと感慨深いものがありました。
ご来賓のご祝辞では「人は仕事をする中で成長するものです」「人に感謝し、仕事に感謝し、人から“ありがとう”と言われる社会人になってください」という言葉が印象的でした。
この式典は、働いている障害のある方の就労意欲、モチベーションの維持等を目的として開催しておりますが、私達職員の就労意欲にも繋がる式典だと改めて感じました。表彰された皆さん、並びに保護者の皆様おめでとうございます。



優秀勤続表彰の皆さん(来賓の田中区長と共に)








一般財団法人中野区障害者福祉事業団
【各事業担当】(  )内の事業名をおっしゃって下さい
TEL 03-3388-2941
FAX
03-3388-2942
メール info@sfj-cit-y-nakano.or.jp




一般財団法人中野区障害者福祉事業団
〒165-0026 東京都中野区新井2-8-13(
地図・アクセス
TEL 03-3388-2941 FAX 03-3388-2942
E-mail info@sfj-city-nakano.or.jp
受付時間 月曜日から金曜日までの8:30から17:15まで(祝日・年末年始を除く)